イストク

NCオペレーター
山下 英文(大阪府出身)

家具作りはチームワーク、
次の職人がいかに効率よく仕事ができるかが大事

インテリア好きから職人へ

小学校の頃からしょっちゅう模様替えしてる程、インテリアが好きでした。インテリアコーディーネーターに憧れた時期もありましたが、当時はどうすればなれるのか分からず、求人を見ても経験者しか応募できなかったこともあり、大阪から徳島に戻って作り手の道を歩み始めました。技術やプログラミングは先輩に支えていただきながら現場で独学で身につけました。

図面と寸分違わない仕上げを目指す

山下英文専門はクローゼットや棚など箱ものと呼ばれる分野。プードルではこれからリリースされるシェルフなどに携わっています。職人としてこだわることは2点。
図面と寸分違わずに仕上げることと、自分の次の行程を担当する職人がいかに効率よく作業できるか。
そのために図面の変更を提案することもあります。家具作りは多くの職人が関わるチームワークですので、自分だけが良くては出来上りません。

使う人と直接お話ししたい

私はトークが上手な方ではないのですが、プードルに関しては使う方とお話させていただきたと思ってますし、伝えたいことがたくさんあるので展示会にも立ってみたい。
自分たちが自信を持って送り出すブランドを自分たちの言葉で伝えたい。そうすることで使っていただける方が増えていくと嬉しいです。もしかしたら将来は自社ブランドのショップ店員として活躍するかもしれませんね。

2014年11月現在の内容です。

リクルート

イストクでは私たちと一緒に家具を作る職人を募集しています。
現在の求人詳細は下記ページをご覧ください。

求人詳細はこちら