イストク

2015年5月

テーブル脚の加工

poodleテーブルの脚の加工です。
トリマーという機械に専用の刃物を付けて
深さ8ミリ、3ミリ厚の溝を彫っています。
この溝に入り込むように天板を加工しています。
刃物が高速回転しているので、少しでもズレると溝が広くなったり余計な所まで取れたりするので
トリマーをしっかり持っていないとダメなんです。
poodleテーブルの手加工で一番集中する所です(o_o)

木部加工 井上

続くpoodle会議と飲食店でのご利用例

昨日の開発会議に続いて今日は生産管理の松岡さんとMTGです。「それ、誰が気にするの?」というような細かい点の検証を続け、クオリティーを上げていきます。
私はこれからpooldeをお使いいただいている和食店の取材へ向かいます。ご家庭での利用と合わせて業務用でのご利用例も紹介していきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。後日、記事として掲載しますので楽しみにお待ちください。

ウェブデザイナー横田

アームチェア開発会議

ウェブデザイナーの横田です。今日からデザイナーの山田佳一郎さんと東京から徳島入りしています。私が職人さんの取材をする一方で、山田さんをはじめ各担当職人さん達がアームチェアの試作を前に開発会議中です。

4/23のブログ「アームチェア 試作第1号」からどのように進化するのか楽しみです。続報にもぜひご期待ください!

ダイニングテーブル天板

ダイニングテーブル天板です。
でもこれ、表じゃなくて裏なんです。

これまでは、幕板に薄い天板がはめ込まれた構造でしたが、
裏側もすっきりおさまるフラッシュ構造になりました。

仕上げも天板表同様、突板仕上げです。

ノックダウン式の脚の固定や、その目隠しの蓋など細かい調整を重ねていました。
(私は担当していませんが...)

あまり目につかない部分ですが、高級感がアップした感じがします。

木部加工 しん


徳島の女性誌CU*さんに掲載されました

大切に使い続けたい

   一生MONO

本日、5月15日発売のCU*さんにpoodleが掲載されています。
イスへの思いがつづられています 是非ご覧ください。

昨年秋に発表になった新作Shelfを含む
カタログが新しくなりました。

無料で差し上げてますのでご希望の方は
住所と宛先をコンタクトページからご連絡ください。

1  2