イストク

3点式ベルトサンダー

プードルテーブルの天板は、もちろんのこと、平面の材料の研磨をする時には、大小問わず、3点式ベルトサンダーを使って木地研磨をしています。
使い方は、ペーパーをパットで材料に押し当てテーブルを前後に動かして使います。粗めの100番のペーパーから始めて150番、220番とペーパーを変えて仕上げていきます。同じ箇所ばかり研磨をすると、そこだけへっこんでしまうので、全体を平らに真っ直ぐ仕上げるのが技術のいる難しい作業になります。
プードルのテーブルは、この工程の後にオイルフィニッシュかウレタン塗装で仕上げていきます。