イストク

2016年4月

図面

特注家具や椅子を製作するにあたり必ず必要になるのが図面です。
図面がないと何にも進みません。

特に椅子やソファでは原寸図面が必須です。
原寸図は1枚の紙に平面図、側面図、立面図が色分けして重ねて描かれてるので、線だらけで訳ががわからないときがあったりします。

ここはこうかなー、と自分で判断して正解の時もあれば描いた人と意図が違ってたりする時もあるので、図面があっても打合せは必要です。

特注品を作ることが多いので図面を見る目はだいぶ鍛えられたと思います。

⇓ こちらからもご覧ください

木部加工 井上

組立・金山和生のインタビューを更新しました

イストクの職人を紹介するリレーインタビューを更新しました。
今月は組立の金山和生を紹介します。

入社12年のベテラン職人が次に目指す先

ふっくらとメリハリ

poodleソファの改良。4台目

構造から変えた背当たりの部分は、広く大きく丸みをおびてふっくらと
仕上がり、もたれかかったときに背中に沿うような優しい感じ。
poodleのイメージと同じようにかわいらしくしたかった。

直線は残しながらも稜線をおびメリハリがつきました。


1