イストク

大塚国際美術館「ヒマワリソファ」の納品

ゴールデンウィーク前に、地元の美術館へソファを納品してきました。
その美術館は、日本最大級の常設展示スペースを有する大塚国際美術館で、個人的にも一度行ったことがある美術館です。

日本最大級というだけあって、本当に広くて展示品も多く、全部をじっくり見ると一日楽しめるぐらいの規模なんです。

現在、開館20周年の記念でゴッホが描いた7つの花瓶の「ヒマワリ」を陶板で再現し展示されています。
そのヒマワリをテーマにした広場に置くソファを、今回製作して納品させて頂きました。

「ガク」に見立てた巾木を組み立てた上に
種の部分を置いて、その周りに座る部分である花びらを並べていきます。
花びらの部分が長めなので寝転がると気持ちいいようです。

大塚国際美術館に行かれた際にはぜひこのソファにも腰掛けてみてください。