イストク

真夏の塗装作業にコットン手袋をおすすめする理由

暑い夏が続いています
暑い中での作業はそれだけでもつらいのですが
塗装の作業の中で椅子に下色を付ける作業があります。その時ゴム手袋をして色を付けるのですが、「この暑さ」すぐさまゴム手袋の中は汗まみれ。手首から汗が流れ出てきてイスに垂れることもしばしばあります。
そこで何か良い方法はと思い、たどりついた答えは吸水性のあるコットンの手袋の着用です。これをすることにより汗垂れがなくなり作業性がUPしました。日常の中にも何か目線を少し変えるだけで改善されることがあると思います。
何ごとにも自問自答していきたいと思います。