イストク

イス屋の試行錯誤

思い起こせばちょうど1年前。
IFFTでpoodleシリーズを発表して
満足感に浸っていたのもほんの2、3日。
次への構想に想いをはせ、行ったり、来たり
ぶつかったり・・・そんな一同の思いが形となり
新作をみなさまにお披露目できることとなりました。

来週月曜日から始まりますIFFT2016
他の出展社様も同じ思いで集まっていることと思います。
是非、皆様も実際にご覧ください。
そして意見をください。

お待ちしております。

総務 鷺池 

アカリ・イマージュ2016

アカリ・イマージュ2016・・・空間を彩る光
東京ビッグサイト東ホールで開催中

光で暮らしを豊かに感じてもらうためのデザインイベントです。

ふだんは生活のツールとして使うイスたちも、
光に照らされ癒しのイスと、表情を変えています。
明日まで開催。
椅子徳製作所ブースは「5-v01」です。

ヤワラカイスマート

家具塗装の仕事って?

 いまさらですが、塗装の工程を説明します。

・木地研磨
 ペーパーで木地を磨きキズやヘコミを直し表面をなめらかに
・下色調色
 仕上がりの色になるための下地の色作り
・下色着色
 ハケで木地に塗りウエスで一旦ふき取ります。
 色によってはスプレーガンで下色を吹き付けます
・下塗り
 表面をなめらかにさせるための塗料をスプレーガンでふきつけます。
 ここで塗膜感のある仕上がり、木の素材感そのままの仕上がりにし
 て製品イメージに合わせていきます。
・塗面研磨
 下塗りが乾くと、目の細かいペーパーで平滑に磨いて手触りよくする
・上色調色
 仕上がりの色になるための色を作ります(中色もいる場合もあり)
・カラーリング
 塗面研磨したものに上色をスプレーガンで吹き付け
・仕上げ
 カラーリングした上に仕上げの塗料をスプレーガンで吹き付け。 
 ここで艶をだしたり、無くしたり、ピカピカな仕上がりから
 木そのままのより自然な仕上がりにまでできます。

 以上、塗装工程でした   

塗装 南保


 明日の10月28日は私も東京ビッグサイト、アカリイマージュ展で
 皆様をお待ちしております。
 どうぞ、お気軽にお声をお掛けください。

興味深々、はじめての椅子工場

 秋の遠足!
毎年来てくれる加茂名南小学校
3年生のみなさん、ようこそ!!
子どもたちは
目・・・初めて見る機械
耳・・・木を削る大きな音
鼻・・・削ったときにする木の香り
感触・磨き上げた木のなめらかさ
・・・と、いろんな角度から椅子工場の見学をして
いってくれました。

お!そこ?っていう所で興味を示して
くれるので、説明する側も次回の参考に
させてもらっています。

総務 鷺池 


危険

木工の仕事は常に危険が伴います。
材料取りから完成まで、切ったり削ったり穴を開けたり、プレスをしたりと、
色んな機械を使って加工をするので常に気をつけないといけません。
慣れてきた時が危ない、とよく言われてるのですが、
自分も普段している何でもないような加工をしている時に数針縫うような怪我をしたことがあります。
機械にはそれぞれ注意書きが貼ってあり、中にはゾッとする様な絵のものもあります。
こうならないように気をつけます。

木部加工 井上

前の5件3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13